管工事施工管理技士概要

管工事施工管理技士は、建設業法に基づく国土交通省管轄の施工管理技士の中の1つです。
施工管理技士には、「管工事」の他に「建設機械」「土木」「建築」「電気工事」「造園」があります。

管工事施工管理技士は、冷暖房設備、空調設備、給排水設備、給湯設備、浄化槽、ガス配管などの菅工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行います。

1級と2級があり、1級は特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者および監理技術者になることができます。
2級は、一般建設業の営業所の専任技術者や、工事現場における主任技術者となることができます。

資格を取得するには、一般財団法人全国建設研修センターが実施する管工事施工管理技術検定試験に合格しなければなりません。

受験には実務経験が必要で、実務経験の機関は学歴等により異なっています。

試験は年1回全国の主要都市でおこなわれ、学科試験と実地試験があります。
学科試験はマークシート方式の択一問題、実地試験は記述式の筆記試験です。

2級の学科試験は、工業高校等の指定学科卒業者及び卒業見込者が、実務経験を積む前に受験できるようになっています。
その場合でも、実地試験は所定の経験年数を積んだ後で受験することになります。

学科試験は、「電気工学等」「施工管理法」「法規」の3科目について、実地試験は、「施工管理法」についておこなわれます。

管工事施工管理技術検定試験の詳細については、一般社団法人 全国建設研修センターの
技術検定試験のページを参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket