消防設備士

消防法で定められた、消火器やスプリンクラー設備などの消火設備・自動火災報知設備などの警報設備・救助袋等避難設備、などの設置工事や点検整備を行う国家資格です。

甲種(特類および第1類~第5類)、乙類(第1類~第7類)があります。
類は、工事や点検の対象物の区分で、甲種は工事・整備・点検ができ、乙種は整備と点検ができ工事はできません。

甲種と乙種の各類で扱える設備等は以下のとおりです。

  • 特類 :特殊消防設備等
  • 第1類:屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
  • 第2類:泡消火設備
  • 第3類:不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
  • 第4類:自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
  • 第5類:金属製避難はしご、救助袋、緩降機
  • 第6類:消火器
  • 第7類:漏電火災警報器

なお、第6類については設置が用意であること、第7類については電気工事士の職域となる為、甲種にはなく乙種のみとなります。

消防設備士になるには、一般財団法人消防試験研究センターが実施する消防設備士試験に合格する必要があります。

消防設備士試験は、都道府県毎に試験を行われていますが、回数は都道府県によって異なり、東京など受験者の多いところでは頻繁におこなわれています。

受験資格は、乙種は制限がなく誰でも受験できます。
甲種には受験資格が設けられており、特に甲種特類は甲種1類から3類までのいずれか1つ、甲種第4類及び5類の3種類以上の免状の交付を受けていることが必要です。

試験科目は、
甲種特類が、「工事設備対象設備等の構造・機能・工事・設備」「火災及び防火」「消防関係法令」「基礎的知識」「消防用設備等の構造・機能・工事・整備」及び「実技」で、
その他の甲種は、「消防関係法令」「基礎的知識」「消防用設備等の構造・機能・工事・整備」及び「実技」
乙種が、「消防関係法令」「基礎的知識」「構造・機能・整備」及び「実技」
になります。

消防設備士、電気工事士、電気主任技術者、技術士等の資格を有する方は、申請により試験科目の一部が免除になります。

筆記試験の方法はマークシート方式で、実技試験は写真・イラスト・図面等による記述式です。

合格基準は、甲,乙ともに各試験科目毎に40%以上、全体で60%以上の成績になります。

試験日程ならびに、消防設備士試験に関する詳細は、一般財団法人 消防試験研究センターのサイトでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket