危険物取扱者概要

消防法に基づく国家資格で、危険物を取り扱ったりその取扱いに立ち会うことができる資格です。

一定量以上の危険物を貯蔵、あたは取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、必ず危険物取扱者を置かなければならないことになっています。

危険物取扱者には、甲種、乙種、丙種とあり、乙種は細かく第1類から第6類に分けられます。

甲種はすべての種類の危険物の取り扱いと立会ができます。
立会とは、危険物取扱者が立ち会うことにより、危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いができることを意味します。

乙種は類ほとに次の危険物の取り扱いと立会ができます。

  • 乙種第1類:酸化固体(塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類など)。
  • 乙種第2類:可燃性固体(硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体など)。
  • 乙種第3類:自然発火性物質及び禁水性物質(カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどなど)。
  • 乙種第4類:引火性液体(ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類など)。
  • 乙種第5類:自己反応性物質(有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなど)。
  • 乙種第6類:酸化性液体(過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物など)。

丙種は乙種第4類のうち、ガソリン、灯油、軽油、重油などに限り取り扱いのみができ、立会はできません。

危険物取扱者になるには、一般財団法人消防試験研究センターが実施する危険物取扱者試験に合格する必要があります。

危険物取扱者試験は、都道府県毎に試験を行われていますが、回数は都道府県によって異なり、東京など受験者の多いところでは頻繁におこなわれています。

受験資格は、乙種と丙種は制限がなく誰でも受験できます。
甲種は、大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者、乙種危険物取扱者免状を有する者などの要件が設けられています。

試験科目は、

  • 甲種が、「危険物に関する法令」「物理学及び化学」「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」
  • 乙種が、「危険物に関する法令」「基礎的な物理学及び基礎的な化学」「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」
  • 丙種が、「危険物に関する法令」「燃焼及び消火に関する基礎知識」「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」

です。

乙種と丙種については、一定の要件を満たす場合、試験科目の一部免除があります。

試験の方法はマークシート方式による筆記試験で、実技試験はありません。

合格基準は、甲,乙,丙ともに試験科目ごとの成績が60%以上です。

試験日程ならびに、危険物取扱者試験に関する詳細は、一般財団法人 消防試験研究センターのサイトでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket