(広告)

HTML5とCSS3で作るホームページ

「HTML5とCSS3で作るホームページ」のサイトへは、本ページ下のリンクをクリックしてください。

ここでは、Yahoo!やgoogleでホームページの検索はしたことがあるけど、作り方は全く知らないという方向けの無料講座をご紹介します。

ネットワーク社会

インターネットはもはや電話やテレビと同じような情報インフラとして揺るぎないものになっています。
その主要なな利用方法として WWW があります。
WWWは情報検索だけでなく、航空券や特急券の予約から銀行口座の残高照会や振り込み、ネットショッピングなど、便利なサービスが数えきれないほどあります。そしてそれらは今後も改良され、その数も増えていくことでしょう。

その基盤になっているのが、HTMLCSS です。
これまではWEBデザーナーやプログラマーなど専門家・エンジニアだけのものだ思われてきたところがありますがこれだけあたりまえになってくると、そうとも言ってばかりはいられません。

「自分は営業職だから」、「私は事務職だから」と言っていられないのです。
会社のホームページは外部の専門会社へ制作を委託するかもしれませんが、ホームページは日々の更新・メンテナンスが重要になります。ちょっとした追加、たとえば「今日のお買い得情報」情報をいちいち外部委託していたのでは費用的にも時間的にも無駄が多くなります。「それくらいは君がやってくれ」と言われるかもしれません。

また個人でブログを書く人も増えていますが、ブログも標準のスタイルだけで文字だけ打ち込んでいくだけでは物足りなくなってきます。そして多くのブログは HTML と CSS を駆使して多彩なオリジナルコンテンツやオリジナル表現ができるようになっています。

さらに、そうした目先の用途だけでなく、インターネットの世界の基本技術である HTML/CSS を理解することは、ネット社会の動向の理解の助けにもなります
ビジネスマンにとって英語のスキルが重要になってきたのと同じように、これからはプログラミングスキルも求められるようになってくるのかもしれません。

そしてさらにさらに、HTML/CSS などは一種のプログラミング言語、すなわち人間がコンピューターに指示を与えるための言葉なのですが、この言葉を学習していく過程で、論理的な思考方法を身につけることができます。



Girl Geek Afternoon Tea / MadLabUK

2020年度から小学校でプログラミングの授業を必須化しようという動きがあります。それは小学生に実用的なプログラムの開発をさせようというのではなく、論理的な思考能力と問題解決能力を育てるためです。

コンピューターはあらかじめプログラムで指示されたことしかできません。そしてプログラムはデータに基づき判断し、処理していく論理的な手続きです。
しかも人がプログラムを書く場合、必ず間違いを犯します。どんな頭の良い人でも、どんなベテランでも一度で完成ということはありません。
間違いを探し、その原因を突き止め、試行錯誤を繰り返して「もの」を完成させていく。これはプログラミングだけでなくすべての仕事にいえることですが、その練習台としてもプログラミングは最適なのです

ちょっとそこのお父さん、「若い人たちの世界だ」といわずにがんばってください。脳のアンチエイジングの効果も期待できますよ。

それでは、下のリンクから HTML(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲッジ:タグでマークアップして階層化された文書を記述する言語)の世界へ行ってみましょう。
テキストベースの学習サイトですが、無料で利用できます。
そして世界に向けてあなたのもっている価値を発信してください。

ここをクリック

ここをクリック!

HTML5とCSS3で作るホームページ