(広告)

ファイナンシャルプランナー技能士講座

ファイナンシャルプランナー技能士とは

よい仕事に就こうとするとだれでも「何か資格を持っていた方が有利になるのではないか」と考えます。
確かに間違いではありませんが、必ずしも資格の取得が就業機会に直結しているわけではありません。

「勉強しませんか?」という紹介記事でこんなこと書くのも変かもしれませんが、職業能力開発促進法に基づく国家資格であるフィナンシャルプランナー技能士もその例外ではありません。
この資格を取得したからと言って、すぐ仕事が見つかるわけではありません。

では意味がないかというと、あると思います。
ファイナンシャルプランナー技能士(FP技能士)は、「顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定します。」(金融財政事情研究会)というように、顧客の資産管理のコンサルティング能力を認定するものですが、実際金融業界などでFP技能士の資格を持っていると言っても、参考にされる程度で決定打にはなりません。

検定の対象となる範囲は広く、税金、貯蓄や保険などの金融商品、不動産といった多岐にわたるため、FPの資格を持っているからと言って、それぞれの業界での専門能力・実務能力を証明するものではないからです。

しかし、税金や金融商品といった個人の資産に関することは相互に関連を持つので、そうした業界で仕事をしている人がその周辺知識を持つことで、より総合的な観点からものごとを捉えることができるようになります。
会社に入って仕事のノウハウを習得する上でも、基礎として役に立ちます。
ひらたく言えば専門バカにならずにすみます。
その為の勉強の目標資格としては役に立ちます。

また保険や金融商品の営業で、名刺に「ファイナンシャルプランナー技能士」と書かれていれば、多少は箔がつくかもしれません。

どんなことを勉強しないといけないかというと、

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業継承

の6分野から受験級を問わず出題されます。

しかし関連業界の仕事以外の人でも、こうした税金や貯蓄などと無縁の人はいないでしょう。
賢く生きる為にはこうした勉強もしておく必要がありますので、すべての人にとって役立つ基礎知識を習得するための目標資格とも考えられるわけです。

ファイナンシャルプランナー技能士資格概要

先にも書いたように職業能力開発促進法に基づく国家資格で、検定試験自体は一般社団法人の金融財政事情研究会とNPO法人日本ファイナンシャル・プラニナーズ協会が実施しています。
試験区分は、1級、2級、3級があります。

3級の受験資格は一応「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっていますが、「これからFP関係の仕事を目指す」といえばいいわけで、実質的に誰でも受験できます。

2級になると、3級に合格しているか、2年以上の実務経験あるいは日本FP協会が認定するAFP認定研修を終了した者などといった条件がつきますので、通常は3級から受験を始めることになります。

試験は学科試験と実技試験でおこなわれますが、2級・3級の場合は実技試験も記述形式の筆記試験になります(1級は面接が加わります)。

詳しくは金融財政事情研究会および日本FP協会のホームページを参照ください。

資格対策ドットコムのeラーニング

さて、それではどうやって受験対策をおこなうのかということになりますが、ここでご紹介するのはアーティス株式会社が運営する資格対策ドットコムというサイトで受講できるFP関連の資格対策講座です。

資格対策ドットコムは、年間14万人以上に利用されているeラーニングのサイトで、インターネットの環境があれば場所と時間を問わずに学習できるので、金融機関や不動産業界などにお勤めの忙しい方が勉強するのに便利な学習方法です。
もちろん子育てで忙しい主婦・主夫の方でもOKです。
eラーニングは場所的・時間的に便利というだけでなく、料金が安いというメリットもあります。

eラーニングなのでコンピューターで勉強することになりますが、疑問点などについてはメールでおこなうこともできます。
興味のある方はご検討してみてください。

詳細については、以下のバナーをクリックして「資格対策ドットコム」のサイトでご確認ください