(広告)

市区町村で探す、塾・予備校・家庭教師

また学習者にも独りでコツコツやるタイプの人もいれば、仲間にもまれて頑張るタイプの人もいます。そして基本は通信教育でマイペースでやっていても、本当に実力がついているのか、自分で気づいていない弱点はないのかなど先生に相談したくなる場合もあるかもしれません。

そうした場合に頼りになるのが地域密着型の学習塾や家庭教師の先生ですが、全国的にはあまり知られていない塾や家庭教師の会社にも良いところはたくさんあります。

ところが当サイトでは、有償・無償を問わず、日本全国の“学びたい”と思う人に役立つスクールや講座のご紹介が目的なので、必然的に通信口座や全国から参加できる短期合宿、住まいを変えてでも行きたいと思うようなスクールのご紹介が中心になってしまい、全国の地域密着型のスクールを網羅することができません。

そこで、ご自宅の近くの塾や、ご自宅に家庭教師を派遣してくれる会社の検索サイトをご紹介します。
幼児から大学受験生まで、いずれも市区町村で検索することができます。

学習塾・予備校をお探しの方は、下のバナーより「town life 塾さがし」へおすすみください。

家庭教師をお探しの方は、下のバナーより「town life 塾さがし、家庭教師特集」へおすすみください。

併用すると効果的

ここからは、当サイトの姉妹サイトの宣伝です(^_^;
家庭教師やマンツーマン指導と、ビデオ授業を併用すると効果が高まるという話です。

家庭教師やマンツーマン指導って、一人ひとりに合わせて指導してくれるので、それぞれの目標や実力に合った授業をしてもらうことができますが、授業料が少々・・・
でも先生一人を占有してしまうわけですから、ある程度はしかたありません。家庭教師の場合は往復の時間もかかるし。

派遣してくれるところも、学生アルバイトなどを活用して経営努力しています。
アルバイト先生は直前まで自分も教えてもらう立場だったので生徒の気持ちも理解でき良いところもあるのですが、長年の経験を積んだベテランではありませんので、体系的に指導したり必要なところを網羅したり不要な話を省略したりといった面ではベテランの先生に一歩ゆずる部分もあります。

そこで提案したいのが、ベテラン講師のビデオ授業との併用による相乗効果です。
時間をかけて計画的に制作された授業は授業にブレが無く、家庭教師などの先生に教えてもらうときの軸にすることができます。

先生も、ビデオで学べる標準的な授業内容に精力を割かなくていいので、一人ひとりの弱点補強や目標に沿った指導に専念できます。

反転授業ってご存じですか?
明治以来日本の学校教育では授業で新しい知識を講義し、それを宿題という形で課題にして自分のものにするという指導法でした。

でも、1クラス数十人にまとめて同じ講義をおこなうわけですし、別のクラスでも同じ授業を繰り返すだけです。授業中に質問などして生徒の反応を確かめながら進めることもありますが、指導のペースは平均的なレベルの生徒に合わせておこなわれるのが通常です。理解の早い子は退屈し、遅い子はついていけなくなります。

そこで考え出されたのがビデオ授業を活用した反転授業です。
標準的な授業は、授業の前に自宅で学び、それで分らなかった人は先生に質問して補講してもらい、十分に理解できた人はさらに進んだ応用課題や実践課題に取り組むという従来とは逆の新しい指導法です。

これは一人ひとりの事情に合った指導ができるというだけでなく、学習者の自主性、主体性を尊重するアクティブラーニングとも密接に関連します。
おそらく今後は学校教育などでも取り入れられてくるのではないかと思います。

家庭教師や個別指導塾では、それぞれの指導方針もありますが、もし可能ならばこうした学習方法を取り入れられれば良いのではないかと思います。

オンライン・アカデミー

高校生・大学受験生向けだけになりますが、当サイトの姉妹サイトでヒビデオ授業を配信しています。
全18科目のガイダンスと各科目最初の3講は、登録なしで誰でも視聴いただけますので、ぜひお試しください。