(広告)

日本心理援助専門学院

時代の要請、心理カウンセラー

昨今テレビのニュースなどで『カウンセリング』『カウンセラー』という言葉をよく聞くようになりました。

カウンセリングとは、主に心理学を基礎とした精神療法で“依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のこと(Wilipediaより)”をさします。カウンセリングをおこなう人をカウンセラーといいます。

第1-1図 自殺者数の推移(自殺統計)

平成26年版自殺対策白書
内閣府ホームページより(警察庁の自殺統計原票を集計)

平成25年現在で2万7千人以上の自殺者がありますが、同年の交通事故死亡者数の4,373人(全日本交通安全協会)をはるかに上回る数字です。

その原因を見ると、「平成26年版厚生労働白書」によると、健康問題がおよそ半分を占め、その4割がうつ病によるものとされています。その他の原因もおそらく家族間の人間関係である家庭問題や自分ではどうにうもならない(と思い込んでいる)経済・生活問題、仕事のモチベーションや職場の人間関係がかなりを占めるのではないかと思われる勤務問題などといった原因が上位を占めています。

1-2-3-06

こうした原因の多くは心理的な要因が大きく、適切な対処をおこなうことにより最悪の選択をする人の数を減らすことができるのではないでしょうか。

また命にかかわるという極限の状況には至らないまでも、災害による急激な環境変化によるショックや学校でのいじめの問題など、悩みをかかえる人はこの何十倍、いや何百倍、へたをすると何千倍もいるのではないでしょうか。

背景には、ネットワークから入ってくる大量情報、個人主義や都会の薄い人間関係といったものからくる孤独感、競争社会からくるストレスといった現代社会の特有の心理的要因が増大しているということがあります。

そうした世相を反映してカウンセリングの潜在需要は増し、カウンセラーの重要性も増してきていることは間違いありません。

カウンセラーの資格

日本では、カウンセリングの国家資格はありません。ですから免許もなく誰でもカウンセラーを自称することは可能ですが、やはりそれなりの裏付けがないと信用してもらえません。

民間資格の臨床心理士がその要件になっている場合が多いのですが、大学院を修了したうえで所定の条件を満たすか医師免許取得者で心理臨床経験2年以上の者などでないと受験資格も得られない資格なので、悩んでいる人の力になってあげたいという気持ちだけで取得できる資格ではありません。

また臨床心理士以外の人が就ける関連職も少なく、需要の高まりに反し非常に閉鎖的な業界だといえます。

オンラインカウンセリング

こうした閉鎖的な業界に風穴をあけようとしている動きもあります。
その一つがインターネットを通じてカウンセリングをおこなうオンラインカウンセリングです。

skypeやfacebook、LINE、E-メールといった通信手段を使ってオンラインでカウンセリングをおこなうので、お互いの表情を見るといった言葉では表現できないものが伝わりにくいというデメリットもありますが、カウンセリングルームなどの場所がいらずその分経費を抑えることができる他、サービス提供可能エリアも広がり時間の調整もしやすくなる、対人不安のクライアント(相談者)でも文字だけで相談できる、落ち着ける自宅で相談できるといったメリットがあります。中には匿名で相談できるところもあるようです。

すでに多くのオンラインカウンセリングサービスが提供されています。

オンラインカウンセリングのカウンセラーに求められる資質は、普通のカウンセラーとしての知識や経験はもとより、カウンセリング手段が言葉だけに限られるので、対面カウンセリング以上に言葉の使い方が重要になります。
特にE-メールやSNSのような文字によるカウンセリングの場合は、声の調子や雰囲気が伝わらないので適切な文章表現をする能力が問われます。

日本心理援助専門学院

この成長中の新しいサービス形態に対応できるカウンセラーを育成しようというのが、今回ご紹介する株式会社日本心理援助機構の日本心理援助専門学院です。

現在、

  • 心理援助専門員養成コース
  • オンラインカウンセラー養成コース
  • 開業支援コース

といったコースが開講されています。
授業形態は、主にオンライン双方向の通信システムを使ったライブ形式の授業ですが、やはりオンラインで相談者役・カウンセラー役・保護者役といった設定でのロールプレイングができるシステムや実務でも使えるオンラインカウンセリングシステムなども用意されています。

入学資格は、義務教育を修了し高校卒業程度の学力があることと日本語が理解できるという条件を満たせば、国籍・年齢などは問われません。

気になる資格ですが、日本心理援助専門学院では3つのコースそれぞれを修了し認定試験に合格すると、

  • 心理援助専門員
  • オンラインカウンセラー
  • 開業支援コース認定証

という認定証が授与されます。

興味をもっていただいた方は入学説明会に出席してみてください。
下のバナーをクリックして、開いたページの下の方にある[無料入学説明会を予約する]から予約できます。説明会のオンラインのライブ中継でおこなわれますので出かける必要はありません。