(広告)

七田式家庭学習システム
はっぴぃタイム

はっぴぃタイムは、主婦の友社の雑誌通販や幼児向け通販カタログ「TOMA・TOMA」などでおなじみの主婦の友ダイレクトが、右脳開発38年の実績を誇るしちだ・教育研究所と共同開発した教材です。

教育研究家の七田眞氏が独自に開発した七田式教育は、右脳の力を引き出すことを目的とした幼児教育法です。

右脳とは、大脳の右半分のことで、視空間性,非言語性の情報処理を行うい、これに対して左脳は、言語,文字などの論理的な思考や分析処理をおこなうと考えられています。
したがってまだ理屈が理解できない幼児の直観にものごとを把握する能力は、主に右脳の働きによるものと考えられます。

七田式教育法の特徴は、イメージトレーニング、カードフラッシュ、記憶法など脳の発達理論に基づく様々な取り組みで働きかけ、読み、書き、プリント学習など左脳を使う取り組みとも併せて能力や知識の定着を図るというものです。

七田式教育は全国に約450ある七田チャイルドアカデミーの教室で実践されており、2000年には海外展開もはじまり、現在10以上の国と地域に教室があります。

その教室と同じような取り組みが、家庭で手軽におこなえる学習システムが、はっぴぃタイムシリーズの家庭学習教材です。

2歳から4歳を対象にした「はっぴぃタイム」と、4歳から6歳を対象にした「もっとはっぴぃタイム」があります。
申し込むと全12回、毎月DVDとワークブック、オリジナル絵本他が送られてきます。

詳しい説明は、下のバナーをクリックして開く、主婦の友ダイレクトの公式ページでご確認ください。
公式ページでは、資料請求ならびに入会申し込みもできます。