(広告)

オセロ教室 初心者向け講座

海外ではリバーシ(Reversi)として知られ、世界的に普及しているオセロ。
>長谷川五郎という日本人が考え出したゲームと思っている方が多いようですが、どうやら起源はイギリスにあるようで、明治時代に日本に輸入さているようです。
当時はオセロとは言わず、「レヴァーシ」とか「裏がへし」と呼んでいた(Wikipediaより)ようですが、第二次大戦後に長谷川氏が牛乳瓶のフタで試作したものを玩具メーカーに持ち込んで製品化され、ヒットしたのがオセロだということです。

単純だけれども奥深い。
必勝法というものはなく、「覚えるのに1分、極めるのに一生」が、発売当時のキャッチフレーズでした。
現在でもコンピューターによる全解析は達成さえれていないそうです。

事故や脳卒中などによる脳障害のリハビリなどにも活用されていますが、視覚で捉えながら手も動かし、先の状態をイメージすることで、右脳を鍛える効果があると考えられています。

このページ下のリンクから行ける「オセロ教室 初心者向け講座」は、一般社団法人日本オセロ連名が運営しているOthello!JAPANというサイトのコンテンツで誰でも無料で利用できます。
実践指導などすべてのサービスを受けるには有料会員になる必要がありますが、この他にも無料で利用できるものがあります。
一週間無料のお試し会員というのもありますので、よければ試してみてはどうでしょうか。

YouTubeにもオンライン教室の一部の動画が公開されていますので、ご紹介しておきます。

オフィシャルオセロ

下は1973年4月の発売以来、モデルチェンジをしていないスタンダードタイプのオセロです。
画像をクリックすると商品説明のページが開きます。