(広告)

eカレッジ
防災・危機管理

このページを書いている今現在、テレビのニュースでは御嶽山の噴火で多くの犠牲者が出たと報じています。

その前は8月豪雨、2月の豪雪、もっと遡れば東日本大震災、阪神淡路大震災と、毎年日本のどこかで大きな災害が発生しています。

今はテレビの中の出来事でも、明日は我が身かもしれません。

そうした場合への備えをどうすればいいか、万一そうした事態に遭遇したときはどうするか、総務省 消防庁が教えてくれます。

入門コース、一般コース、専門コースがあり、専門コースでは、防災や危機管理にあたる地方公務員の職員や消防団員の方向けの学習システムもあります。

救急・救命処置などに関する資料のダウンロードもできますので、地域の防災に役立ててください。