(広告)

シラバス

日本の大学などで使うシラバスということばの意味は、講義・授業の大まかな学習計画のことをいいますが、ここで言うシラバスは、「マネして学べる」をコンセプトにした、プログラミング学習サイトです。

株式会社ダラフというところが開発・運営していますが、この会社、2013年7月に当時の東京理科大学の4年生2人が設立したベンチャー企業だそうです。

当初受託開発をおこなっていたそうですが、開発要員が足りず、プログラマーの募集を考えたところ、簡単な学習カリキュラム を作成し、そのカリキュラムを最後まで完了できた人を採用することにしたそうです。
そのあたりが原点になって、このサイトが出来たんでしょうね。

それからしばらく採用支援サービスとして開発していたようですが、周囲の助言から学習カリキュラムを簡単に作れるツールへと変わってきたそうです。

まだβ版(試用版)ですが、コースを受講するだけでなく、コースを作成する機能もあります。
コースの作り方も、講座形式になっており、トップページ一番下の[ヘルプセンター]から[シラバスの機能]の中の[3. コースを作成する]で、作り方を教えてもらうことができます。

実際につくるのは、トップページ右上の[+コース作成]というところから作成します。

しかし、ほとんどの人は出来上がったコースを受講するだけだと思いますので、コース作成に関心がある方は[3. コースを作成する]を受講してみてください。
いろんな人が興味をもって、公開講座が増えるといいですね。

利用には会員登録が必要ですが、メールアドレスと任意のユーザーID/パスワードだけで登録できます。

現在(2015年1月)、ビジネス、IT、デザイン、英語、財務会計のカテゴリーが設けられていますが、公開講座のコンテンツはまだそれほど多くありませんが、その歴史からプログラミング技術、WEBデザインのコースが充実しています。

メインコンテンツは、WEBデザイン編とWEBアプリ編のコースで、仮想の企業にWEBデザイナー、プログラマーとして入社した受講者が、開発を通じてスキルアップしていくストーリーで学習ができます。

HTML/CSS、Illustrator/Photoshop、WordPress、Ruby on Rails、Backbone.js といったものが学べます。