(広告)

代々木アニメーション学院
イラスト基礎
デジタルスキルのイラストコース講座

唐突ですが、イラストというのはジャパニーズイングリッシュだそうで、海外では通じないそうです。
元の言葉は、illustration(名詞)もしくは illustrate(動詞)。

illustrationは、Wikiによると“図像によって物語、小説、詩などを描写もしくは装飾し、また科学・報道などの文字情報を補助する、形式よりも題材に主眼を置いた図形的もしくは絵画的な視覚化表現である。”とありますが、日本を代表する文化、アニメーションの基本になる技術でもあります。

テレビアニメや映画だけでなく、ゲームのキャラクターデザインなど、エンターテインメント業界での、クリエイターを目指す人にとって必須の技術であることはいうまでもありません。

そして、イラスト技術が役立つのは、プロを目指す方たちだけではありません。

ミニコミ紙や、チラシ、ホームページやブログなどで、視覚的に訴えたいときやセンスよく見せたいときに、イラストを使いたくなりませんか。

プロに描いてもらうと高くつくし、なかなかこんなイラストが欲しいという思いも伝わりません。

「それなら自分で書いてやろう!」と思っても、なかなかうまく描けないんですよね、これが・・・

ちゃんと基礎を勉強しないとだめですね。

「しかし学校に通うのはちょっと、、、」という方にもおすすめの講座です。

「独学するからいいや。」という人もいるでしょうけど、やはりガイドラインがあって、期限があって、添削指導で良くないところを指摘してもらうといったことで、挫折せずにやりとげることができる場合もあります。

通学、通信教育、独学、いろいろありますが、どれが最適かはひとそれぞれ。
よくご検討ください。

イラスト基礎・デジタルスキルのイラストコース講座」は、々木アニメーション学院の提供する講座をNTTの関連会社、N-Academy が配信するネットで学べる通信講座です。
インターネットに接続できるパソコンまたはスマートフォン,iPhone,iPad等があれば24時間、どこでも受講できます。

現在「イラスト基礎コース」と「デジタルスキルコース」が開講されています。
講義動画は、両方とも共通のものを利用しますが、
イラスト基礎コースは手書き中心に、「人体・キャラクター描画」「イラストの構図学」など、作画における技術や制作知識などを学び、
デジタルスキルコースでは、Adobe Photoshop を使用したコンピューターを使った制作技術を習得していきます。

教材は、講義動画以外に、テキスト、練習用データ、添削課題(3回)がダウンロードできます。

受講期間中は、何回でも質問できます。

受講期間はいずれも6ヵ月です。

代々木アニメーション学院 イラストコースのプロモーションビデオ(再生時間:0分44秒)