(広告)

家庭教師のガンバ

家庭教師のいいところは、一人ひとり違う「つまづき」の原因に柔軟に対応できること。
学校の補習、進学塾の補習、受験対策、定期テスト対策、英検対策など、それぞれの事情に応じて対応してもらえます。

家庭教師のガンバは、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城で、10万人以上登録された家庭教師(公式ページでは、2013/3/4現在 102,948人とあります)の中から、最適な講師を選んでくれます。

● ガンバの先生

公式ページの「ガンバの3つの強み」のページにあるように、勉強のやり方がわからなかったり習慣づけができず、成績が伸びない子供に対する指導が得意分野のようです。

「お兄さん・お姉さんのような家庭教師」というキャッチフレーズからもわかるように、大学生の講師が多いようです。

もちろん大学生だからダメというのではなく、世代が近いことで、威圧感のある年配の先生のように「大人に強制される」という感覚がなく、抵抗が少ないというメリットがあります。

また目標校の学生を紹介してもらえば、勉強以外のいろいろなことも聞け、進路の見通しが良くなるということもあるでしょう。

ガンバでは、土日・祝日も含めて指導のない日でも、スタッフが毎日夜11時まで電話やFAXで質問を受け付けてくれるので、わからないところはいつでも尋ねられるというのは魅力です。

スタッフには、家庭教師の先生に直接いいにくいことでも相談できます。必要に応じて家庭まで来て相談にのってくれます。

● 指導ポリシー

ガンバの指導ポリシーは、やる気やり方の両方を重視することと言っていいでしょう。

やる気を出すために、

  • 目標の明確化。
  • がんばった分だけポイントが貯まるWAKE0POを実施。
  • 毎月末に家庭教師が作成した指導報告書を提出。
  • わかるまでトコトン教え、わかる嬉しさや自信につなげる。
  • 指導に心理学をとりいれ、やる気を引きだす言葉がけをおこなう。
  • 手作り新聞で、みんなも頑張っていることを実感させる。

やり方の指導では、

  • 予習復習の計画表を作成、無理のない勉強を習慣づけ。
  • 授業の重要なポイントを効率的に定着させるやり方を指導。
  • 集中力の続く1日15分の予習・復習のやり方を指導。
  • テスト前の出るところと苦手なところのやり方を指導。

といったことがおこなわれます。

● 料金

指導料

料金はもちろん回数によって変わってきますが、1コマ(30分)の単価は

  • 小学生 1,000円

  • 中学生 1,000円

  • 高校生 1,125円

で、激安とはいきませんが、かなり安い料金になっています。(2014年9月現在)
どの先生でも同一料金です。
講師の一定品質を維持するうえでは、最低限この程度は必要でしょう。
指導料は講師に直接手渡しになり、これには会社の収益は含まれていません。

指導プラン

指導プランには2通りあります。

1つは「1日15分!予習・復習コース」で、指導料の他に教材費がかかります
もうひとつは「自分流!サポートコース」で、教材費が無い代わりに別途管理・サポート費がかかります

教材費(原価を除く)または管理・サポート料が、会社の収益ということですね。

何か「この教材を使って教えて欲しい」というような指定したい教材がある場合は後者を選択することになるでしょう。

尚、交通費はできるだけかからないように講師を探してくれるようですが、場所によっては数百円程度はかかるかもしれません。

また兄弟・姉妹など2人同時指導や、6コマ(3時間)連続で指導してもプランなど割安なプランがいろいろあります。

体験授業

WEBの説明を読んでも本当のところはよく分かりません。
それには無料体験を受けてみるのが一番です。
体験授業は下のバナーをクリックして開くガンバの公式ページで、[体験授業]というところをクリックして申し込んでください。

体験授業を受けるだけで「勉強お役立ちキット 5点セット」がもらえます。
もちろん体験授業を受けて、うちの子に合わないと思えば申し込む必要はありません。