(広告)

JTEX 技術英語

経済・産業がグローバル化し、海外へ進出する企業が増えました。
また海外の製品を輸入したり、輸出したりといった海外企業との取引も増えていますが、その際に必要になるのが英語。
特にハイテク製品の取り扱い説明書やマニュアルといったものを、読み書きしなければなりません。

例えばかつての日本経済のけん引役だったテレビは今や韓国に抜かれましたが、そこで使われているパーツの多くは日本製です。
すなわち日本の部品メーカーが韓国の製品メーカーに販売しているのですが、そこで取引の際に必要となってくるのが技術英語です。

技術英語は、技術情報を、正確に素早く、適切に伝える為の英語で、テクニカルライティングともいわれます。
テクニカルライティングという表現からも分かるように、文書による読み書きが中心になります。

日常会話なら、多少文法を逸脱したり解からない単語があっても、声の調子や身ぶり手ぶりでなんとかごまかして意思の疎通はできるものですが、文書による情報伝達ですから、そうした曖昧さは許されません。
はなしことばは、録音でもしない限り話し終わると人の記憶にしか残りませんが、文書の場合は記録として残ります。
それだけ注意を要するのです。

この講座は日常英語を流暢に使いこなせる方にも勉強になることが多いと思いますが、実践で技術英語を使うには、その前にまず専門分野の基礎知識を身につけてからにしましょう。
でないと内容が理解できないのに正しい英語に、あるいは英語から日本語に翻訳できないですよね。

この講座は、学校法人科学技術学園,日立製作所等の大手メーカー,日経連及び経団連などにより設立された、職業能力開発促進法に基づく職業訓練法人 日本技能教育開発センター(JTEX)の通信講座です。