(広告)

30日間英語脳育成プログラム

英語脳とはなんでしょう?
あるサイトでは「英語ネイティブの人が英語を使う際の脳の働き」と定義しています。
なんか日本語しか話せない人と英語ネイティブの人は脳の仕組みが違うのかと思ってしまいますが、そうではありません。

私達は最初に学校で英語を習ったとき、先生から「This is a hat」とか「I have a book」を「これは帽子です」とか「私は本を持っています」という意味ですよと教えてもらいました。
要は、英語を日本語に翻訳して意味を理解していたわけです。

以降、中学、高校、大学と、英語の単語を辞書で引いて日本語の該当する単語を探し出し、それを文法の知識を駆使して並び替え、日本語に変換してから意味を理解しようとしていました。
教授法がそういう方法だったのです。

そして、それが日本人が英会話を苦手とする一因になっていたのです。
辞書を片手に英文の文書を読むことができても、ネイティブの人が話す英語が聞き取れないという人が多いのではないでしょうか。

英語を日本語に変換してから意味を理解するのではなく、日本人が日本語の会話の意味を直接理解できるように、英語の会話を英語のままで理解できるようになること、が英語脳になるという意味です。
話すときも同様ですね。

知合いに、以前アメリカの大企業で永年勤めていて英語がペラペラの人がいましたが、彼は通訳が苦手だといいます。
なぜなら、英語を日本語に置き換えないといけないから。
英語で理解したことを、わざわざ日本語でどう表現したらいいか考えないといけないからだそうです。

私達日本語ネイティブはものを考えるとき日本語で思考しますが、それと同じように英語ネイティブは英語で思考します。

この教材はそのあたりに着目し、英語を英語のまま理解し、英語で考えることができるようにするためのトレーニング法を提案しています。

その効果は私自信体験していませんのでなんともいえませんが、大手企業などでも導入実績があり、購入者へのアンケート調査では高い効果があるという結果が出ているようです。
具体的にどんな理論に基づいて、どんなトレーニングをやるのかは公式ページでご確認ください。

教材は、日常会話の「30日間英語脳育成プログラム」とオフィスのシチュエーションでの「6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話」で、それぞれ初級レベルと中級レベルが用意されています。

形態は、「30日間英語脳育成プログラム」の場合はWindows用のデータCDと、音声CD(音楽CDと同じ形式)、「6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話」は、通常の音声CDです。