(広告)

インテリアデザーナーW資格取得講座

この講座は、九州にある一級建築士20名を擁する諒設計事務所が母体となって運営する諒設計アーキテクトラーニングスクールの講座です。

インテリアデザーナーとは広義には住宅や建物内部の装飾、家具や照明の計画などをおこない、より快適な空間を作りだす仕事およびその仕事をする人達のことです。

資格としてのインテリアデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定するもので、インテリアデザイナーとしてのインテリアに関する商品知識や販売技術、理解力や表現力を認定するものです。

また同じく日本デザインプランナー協会が試験を実施し認定する資格にインテリアアドバイザーがあります。

どちらも民間資格なので、この資格を持っていないとできない仕事というものはありませんが、建築設計、内装デザイン、家具や照明器具の販売といった関連の仕事に就・転職しようとする場合には、資格を持っていること、というより資格を取得する際に得た知識や、その為に努力したことは評価されるでしょう。
既にそうした関連の仕事をされている方には、仕事の付加価値を高め、より良い仕事をするためのスキルアップとして有用です。

良く似た資格ですが、デザイナーはどちらかというと技術能力、アドバイザーはどちらかというと営業能力に関するウェイトが高いようです。
できればどちらも持っておきたいものですが、このインテリアデザーナーW資格取得講座では、両方の資格取得に必要な知識を学ぶことができます。

また「インテリアデザーナーW資格取得スペシャル講座」では、講座修了でインテリアデザイナー資格試験が免除されますので、はやく確実にとりたいという方にはいいかもしれません。

なお試験については、日本デザインプランナー協会(JDP)のホームページでご確認ください。