(広告)

建築模型・住宅模型デザインコース

この講座は諒設計アーキテクトラーニングスクールが提供する通信講座です。
諒設計アーキテクトラーニングスクールは、一級建築士だけでも20名を擁する一級建築士事務所の株式会社諒設計を母体とする通信教育の会社で、建築関連以外にも多くの通信講座を提供しています。

本講座を修了すると「建築模型技工士マスター」の資格が認定され、スクールの母体である諒設計の外注協力者として登録することができるようになります(登録は任意)。
>民間資格なので、この資格を持っていないと、建築模型の仕事をやってはいけないということはありませんが、修了と同時に資格認定を受けられるということは、学習継続のモチベーションにつながります。

また、日本デザインプランナー協会が主催する「実践建築模型認定試験」の試験対策講座としても役に立つ内容になっています。
どちらの資格も1級と2級があります。
実践建築模型認定試験については、日本デザインプランナー協会のホームページでご確認ください。

>