(広告)

たのまな
フードアナリスト関連講座

フード関連の資格は、当サイトでも案内している フードインストラクタ・食育メニュープランナーや、食育インストラクター薬膳マイスターなどがありますが、フードアナリストは食と食文に関る知識を学び食品・食材を分析・評価する知識を身につけた専門家で、(社)日本フードアナリスト協会が認定する資格です。

良く似た名称の資格にフードコーディネーターというのがありますが、これはNPO法人日本フードコーディネーター協会が認定する資格で、協会によると「食をテーマに「ヒト・モノ・コト」そして「情報」をトータルにプロデュースする食の専門家」ということです。

これだけでは両者がどう違うのかよくわかりませんが、一番の違いは、フードアナリストが食の利用者の立場に立って情報を評価分析し発信することを目的としているのに対し、フードコーディネーターは飲食店のメニューや店舗について、あるいは食品メーカーの商品開発など、食を提供する人達に有益な提言をすることを目的としています。

どちらもこの資格持っていなければ出来ない仕事があるというものではありませんが、関連した仕事をするときのアピールポイントになります。
それ以上に大事なのは、資格取得を目標に学習することで、仕事に必要な一般知識が身につくというあたりまえのことでしょう。
またそうした前向きな努力をしていることも評価のポイントにつながります。

フードアナリストの仕事は、雑誌やテレビなど各種メディアなどでの食に関する情報発信や、飲食店などの覆面調査員、講演など消費者活動といったものがありますが、飲食店や食品系の企業へのコンダルティングなども活動領域です。

飲食店や食品メーカーも、消費者目線で見方・評価が重要ですから、、、 そいう点ではフードコーディネーターとかぶるところはあります。

たのまなの講座

講座名のリンクをクリックすると、公式ページの当該講座説明ページが開きます。
詳細の確認ならびに、資料請求・受講申し込みは公式ページでおこなってください。

なお、フードコーディネーター3級については、ヒューマンアカデミーとNTTグループのN-Academyのコラボによりフードコーディネーター3級認検定対策講座がオンラインで受講できるようになっています。

フードコーアナリスト

フードコーディネーター

複数資格対策講座

  • フード実践総合セット講座
    (フードコーディネーター実践総合&フードアナリスト4級)

    『作り手のプロ』である提供側(フードコーディネーター)と、『食べ手のプロ』である消費者側(フードアナリスト)、双方視点と実践力を習得でるセット講座。

  • フード検定セット講座

    フードコーディネーター3級とフードアナリスト4級の両方を習得でるお得なセット講座。