(広告)

ケアストレスカウンセラー

近年、心理カウンセラーの重要性が認識されはじめてきています。
この分野では民間資格である臨床心理士がありますが、心理学を専攻する指定された大学院修士課程を修了後に、筆記と口述による資格審査にパスしなければならない、また5年毎に資格更新審査を受けなければならないという非常にハードルの高いものです。

ケアストレスカウンセラーは、そこまで必要ないという方に挑戦していただけるカウンセラー資格です。
財団法人職業技能振興会が認定しています。
民間資格ですので、この資格を持っていないとできないという仕事はありませんが、人と接しお世話をする仕事では、評価ポイントとなるでしょう。
また自分の自信にもつながります。

ケアストレスカウンセラーは、基本的に

  • 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー
  • 高齢者ケアストレスカウンセラー
  • 青少年ケアストレスカウンセラー

の3つがあります。

この他に、その準備段階といえる準ケアストレスカウンセラーと、3つのケアストレスカウンセラー資格全部を取得した人に認められるマスターケアストレスカウンセラーがあります。

企業中間管理職ケアストレスカウンセラーは、企業などでの精神衛生やストレスに関する問題を扱います。
高齢者ケアストレスカウンセラーは医療や福祉の現場で役にたつでしょう。
教育現場などでのカウンセリングをする場合は、青少年ケアストレスカウンセラーをとっておくといいでしょう。

試験の受験資格は、18歳以上で、准ケアストレスカウンセラーの資格を持っているか、ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了することが原則になっています。
准ケアストレスカウンセラーの受験資格は、18歳以上という年齢要件だけです。
在宅試験と会場試験があり、7割以上の点数で合格になります。

ヒューマンアカデミーの試験対策講座

ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座はヒューマンアカデミーが実施しています。
この講座を修了すると、認定試験の受験資格が得られます。

講座ではどういうことを学ぶかというと、

  • 准ケアストレスカウンセラーは、心理学の基礎、精神医学の基礎、コミュニケーションの基礎
  • 青少年ケアストレスカウンセラーは、青少年とストレス、青少年とのコミュニケーション、青少年のこころの問題
  • 企業中間管理職ケアストレスカウンセラーは、企業の利益とメンタルヘルス、職場のメンタル疾患、職場における自殺の予防と対応
  • 高齢者ケアストレスカウンセラーは、人の人生のアウトライン、老年期認知症と介護ストレス、うつ病

といったことについて学びます。

ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座は、DVDでの講義と添削ですが、N-Academyとのコラボによりネット配信で受講できるオンライン講座もあります。
どちらもヒューマンカデミーの講座ですので、都合の良い方を選ぶと良いでしょう。

DVD講座     : 准ケアストレスカウンセラー講座

オンライン講座 : 准ケアストレスカウンセラー講座

DVD講座     : 青少年ケアストレスカウンセラー総合講座

オンライン講座 : 青少年ケアストレスカウンセラー講座

DVD講座     : 高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座

オンライン講座 : 高齢者ケアストレスカウンセラー講座

DVD講座     : 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー総合講座

オンライン講座 : 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座

DVD講座     : マスターケアストレスカウンセラー講座

※ マスターケアストレスカウンセラー講座は、基礎の准ケアストレスカウンセラーの勉強からはじめて、3つのケアストレスカウンセラー資格をすべて取得することを目標とする講座です。

たのまなでは、ケアストレスカウンセラー以外にも心理カウンセリングのスキルを磨ける講座があります。
詳しくは下のバナーをクリックして公式ページをご覧ください。
資料請求はたのまなの公式ページから無料で申し込むことができます。

上記以外のN-Academy のオンライン講座は下のバナーより公式ページでご確認ください。