(広告)

J-SHINE認定 児童英語教師養成講座 Teyl-JAPAN

2011年度より小学校で外国語が必須科目となりました。
今後も英語教育の早期化の傾向はすすんでいくと思われ、指導者の養成が重要になってきています。

中学校の英語は、読む、書く、聞く、話すという技能の修得を目標としており、英語のしくみ(文法)を柱にして知識としての英語を指導します(されてきました)。
これに対し小学校の英語は文法に重点をおかず、英語の音声や基本的な表現に慣れ親しむことを目標にします。

こうしたことからも分かるように小学校での英語教育は、 従来の中学校からの英語を単に前倒しで教えるというものではないのです。

しかも中学校では教科ごとに先生が変わりますが、小学校では原則として一人の先生が国語・算数・理科・社会に加えて英語も教えなければならない場合が多くなります。
英語指導経験のない先生方にとっては大変なことです。

そうした状況を踏まえて小学校英語指導者認定協議会が設立され、小学校英語の指導者の養成をはかり、教育現場での小学校英語活動を支える体制を作る活動がおこなわれています。

その一環として小学校英語指導者資格(J-SHINE資格)の認定があります。

J-SHINEの認定資格には、

  • 小学校英語指導者」資格
  • 小学校英語準認定指導者」資格
  • 小学校英語上級指導者」資格
  • 小学校英語指導者育成トレーナー」

の4種類があります。

詳しくは、特定非営利活動法人 省学校英語指導者認定協議会のページを参照ください。

Teyl-JAPAN(テール・ジャパン)は、カナダのAdvanced Teacher Training Inc.が開発した英語指導者育成プログラムを、NPO法人 国際教育振興協会 英語教育推進委員会、株式会社エドベック、青山学院大学、横浜国立大学が日本の指導者向けに再開発したオンライン研修プログラムで、J-SHINから認可を受けており、終了後は国際教育振興協会の英語教育推進委員会よりJ-SHINE資格取得への推薦を受けることができます。

民間資格なので、この資格を持っていないと小学校で英語を教えてはいけないというような性格のものではありませんし、小学校で教員として(臨時講師も含めて)教えるには教員免許が必要になります。
しかし採用試験などの場面で小学校英語指導者認定を受けていることは無い場合に比べて有利であはありますし、それ以上に資格取得のための勉強は、こどもに英語を教える実務において役立つと思われます。
また学習塾の先生や家庭教師の方など、小学校教員以外でも資格の取得者は多くおられるようです。

Teyl-JAPANの受講に関するお問い合わせ/資料請求および受講申し込みは、ページ下のリンクバナーから公式ページを開いておこなってください。

プロモーションビデオです。

音声は、後半の卒業された方のインタビューがあります。受講までの流れは音声がありません。