(広告)

がくぶん
ホールペン習字(硬筆書写検定)

最近ではパソコン・ワープロの普及で、タイプですませてしまうことも多くなりましたが、いざ手書きをしようとすると、恥ずかしくて書けない、書いたものを人に見せられないという経験をお持ちではありませんか?
パソコン・ワープロの時代だからこそ、手書きのきれいな文字の価値が評価される時代になっています。
就職の採用時に履歴書が手書きのものに限るなどと指定されている場合は要注意ですね。

がくぶん総合教育センターは、今でこそ医療事務や速読術、ネイルアートといった数多くの通信教育講座を開講する総合教育センターですが、前身は大正13年創業の井上通信英語学校で、その後昭和7年に日本ペン習字研究会の名前でペン習字通信教育を開始した老舗です。
年配の方は、昭和48年に掲載が開始された日ペンの美子ちゃんの広告マンガを覚えておられることと思います。今でもファンクラブがあるくらいの人気キャラクターです。

その永年の指導経験に基づき、初心者でも早ければ6日間で上達を実感できるといいます。

ペン字の資格としては、一般財団法人日本書写技能検定協会が実施する硬筆書写技能検定があります。

硬筆書写技能検定は、5級から準1級・1級まであり、本講座の履修で2級をめざせるレベルまで上達できるそうです。

関心のある方は下のバナーをクリックして、公式ページから資料請求してください。
資料請求は無料です。