(広告)

安全保障輸出管理実務能力認定試験
対策コース他

ウィキペディアからの引用です。

安全保障貿易管理(あんぜんほしょうぼうえきかんり、英: Security trade control)とは、「国際的な平和及び安全の維持の観点から、大量破壊兵器等の拡散防止や通常兵器の過剰な蓄積を防止するために、国際的な輸出管理の枠組み(レジーム)や関係条約に基づき、自国内の法令を以って、厳格な輸出管理を行うこと」をいう。

安全保障輸出管理ともいう。

だそうで、先端技術を扱い海外取引がある企業などでは重要な管理業務です。

そういう事情で、産業界からの要望により設けられたのが、安全保障輸出管理実務能力認定試験で、STC Associate, STC Advanced, STC Expert/STC Legal Expertがあります。
STCとは、Security Trade Controlの略です。

STC Associateは、企業・大学等の輸出管理で活躍できる人材の育成等を目的としたものです。

STC Advance は平成26年度が第1回になる試験区分で、企業・大学等において、実際の輸出管理の現場で必要な問題に対応できる中堅的人材の育成等を目的としています。

STC Expertは、法律編のみの合格の STC Legal Expertと、法律編と技術・貨物編の療法合格のSTC Expertに分けられます。

その認定試験の元締めである安全保障貿易管理情報センター(CISTEC)が、試験対策用のe-ラーニングをつくって無料公開しています。

かなりニッチな資格ですが、それだけ希少人材になるので、その方面に関係のある仕事をしている方、めざす方にはいいかも。

ただし、誰でも受講できるのは ATC Associate対策コースのみで、Expert区分については賛助会員・大学会員のみに限定されています。