(広告)

パソコン教室
アビバ MOS資格対策講座

MOS資格とは

MOS(モス)はMicrosoft Office Specialistの頭文字で、今やオフィスワークで不可欠になったマイクロソフトのオフォス製品を使いこなす技術を持ったスペシャリストを認定するものです。

毎年1~2回おこなわれる全国一斉試験と、試験会場ごとに設定された随時試験がありますので、便利な試験会場を選んで受験可能な日に受験すればよいでしょう。

パソコンを使うOL

試験会場は、パソコン教室などがやっている場合が多く、全国各地にあります。
こちらで試験会場を探すことができます。 –> 試験会場を探す

試験科目は、オフイスのバージョンごとに分かれており、さらに、ワードエクセルパワーポイントアクセスアウトルックがあります。

ワードとセクセルについては、一般のMOSの上にエキスパートレベルが用意されています。

最近のオフィスワークでは、デスクワークで書類を扱わない仕事ならいざしらず、最低限ワードとエクセルの一般レベル程度の力が必要になります。
プレゼンテーション用や営業用の資料をつくるならパワーポイントのスキルも必須です。

最近ではこちらが望まなくても「はい、これエクセルになってるから必要なところ修正して使ってね。」などとポンと渡されたりしますから、「私使えません」じゃ通用しないんですね。

アビバのMOS資格対策講座

最近は資格スクールとしても有名ですが、原点はパソコン教室。パソコン教室の中でも最大手で、全国に教室があります。

ほとんどのパソコン教室がそうですが、フリータイム予約制。
自由なので、ついつい忙しいからと足が遠のいてしまうことがあります。
そうならないように、週2~3回の曜日と時間を決めて、教室に通う習慣をつけることが最後までやり抜くコツです。

他の大手パソコン教室には、パソコンDVDなどのビデオを見ながら横に置いたパソコンで実習するというスタイルのところが多いですが、アビバはインストラクターが指導します。
ビデオレッスンのパソコン教室に比べて、1時間当りのレッスン料が高めなのはその為でしょう。

レッスン内容は、インストラクターのカウンセリングを受けながら決めていきますが、予めコース内容の決まったビデオではありませんので、レベルなど事情に応じていろいろカスタマイズがききます。

レッスンが始まると、基本的にはテキストを見ながら、自分でできるところはどんどんすすめていき、分からないところがあったらインストラクターに質問するという形式です。

アビバには、MOS資格対策講座以外にも、いろいろな講座があります。
「一通り使えれば資格なんか必要ないや」という人のための講座や、Webクリエイター能力認定試験や、Photoshopクリエイター能力認定試験のような他の試験を受ける人の為の講座もあります。

詳しくは、まず資料請求をしてみてください。

それで、よさそうだなと思ったら、無料体験レッスンもできますので、近くの教室に申し込んでください。

資料請求や近くの教室の検索は、下のバナーをクリックして開く公式ページでできます。