(広告)

米国公認会計士

米国公認会計士とは

米国公認会計士は州が認定する資格

米国公認会計士(USCPA)は、文字通りアメリカの公認会計士の資格で、米国の各州が認定する米国の公的資格です。

アメリカでは単にCPA(Certified Public Accountant)といわれますが、日本では日本の公認会計士と区別するためにUSCPAと呼ぶことが多いようです。
この場合日本の公認会計士は、JPCPAといいます。
ちなみに公認会計士制度がはじまったイギリスでは、ACCA(英国勅許公認会計士)といいます。

アメリカでは州ごとの登録になりますが、試験は米国公認会計士協会の統一試験になり、州による難易度の違いはありません。
業務の一定の条件を満たせば、州外でも自由に公認会計士業務をすることができます(もちろん米国内)。

試験科目は

  • FAR(Financial Accounting & Reporting)(企業財務会計及び公会計)
  • REG(Regulation)(法規)
  • BEC(Business Environment & Concepts)(ビジネス環境及び概念)
  • A&A(Auditing & Attestation)(監査及びアテステーション)

の4科目で、コンピューター試験によりおこなわれます。
各科目75点以上で合格になります。
※ 科目合格の有効期間は18ヶ月です。

1年を3ヶ月ずつ4つの期間に分け、3ヶ月の最初の2ヶ月に受験できます。
予約が空いていれば、受験日時を自由に決めることができます。
1科目から受験でき、全部一度に受験することもできます。

なぜ米国公認会計士?

最近は米国公認会計士のライセンス取得を目指す人が増えていますが、なぜ日本にも公認会計士の資格があるのに米国公認会計士の資格が必要なのでしょうか。

その理由は、やはり世界一の経済大国で基軸通貨ドルの国、国際的な会計基準に最も大きな影響力を持つ米国の会計専門家は、経済のグローバル化・国際化にともない需要を増しているという背景があります。

ただし、日本の国家資格/公的資格ではありませんので、JPCPAのように日本国内で公認会計士事務所を開業したり法定監査を行うことはできません。
日本国内での扱いは、民間資格に近いものです。

国際的な取引をおこなっている企業やコンサルティングファームに所属して活動するというのが一般的な形ですが、そうした組織の中で、英語でしか受験できない会計専門家の資格であるUSCPAのライセンスを持っているというのはキャリアの証明になるのです。

もっとも中には、日本の公認会計士試験を何度受けても合格しないから米国公認会計士のライセンスをとったという訳のわからんUSCPAもいますが・・・(笑)

アビタスの米国公認会計士コース

アビタスでは、「インプットは日本語、アウトプットは英語」という学習方法で、短期合格めざします。
日本語で学べるので効率よく学習できます。

講義はすべてマルチデバイス対応のオンライン講義なので、スマートフォンやタブレットで、空いた時間に何時でもどこでも学習することができます。
またライブ授業(通学授業)に参加することで、学習モチベーションをUPすることもできます。

講師は、実務家として活躍しているUSCPA取得者なので、受験対策だけでなく現場の活きた知識も学べます。

また受講生専用Webサイトより、学習内容の不明点を質問できる質問回答サービスが利用できる他、願書記入方法や出願手続き等に関して定期的な説明会を開催し、個別のカウンセリングもおこなっています。

会計職の方だけでなく、国際的な業務に関わる一般のビジネスマンにも、会計・法律・英語・IT・ファイナンスといった知識を得るために役立ちます。

興味をもった方は下のバナーをクリックして、アビタスの公式ページから資料を取り寄せるかセミナーに参加申し込みをしてみてください。
いずれも無料です。

詳細は下のバナーをクリックして、アビタスのサイトでご確認ください。