(広告)

東京法経学院 司法書士講座

ここをご覧になっている方の大部分はすでに司法書士とはどういう仕事か、 司法書士試験とはどういう試験かをご存知だと思いますが、そうでない方はまず下のリンクをクリックして司法書士の資格に関する概要をご覧ください。

司法書士とは(司法書士試験の概要)

東京法経学院の司法書士試験講座

東京法経学院は昭和36年(1961年)に設立され、司法書士、行政書士、測量士補、土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、社会保険労務士など、法律系国家資格取得を目的とした老舗の法律専門学校です。

東京、名古屋、大阪、福岡に校舎がある他、通信制の講座もあります。

2014年10月現在受講申し込みできる司法書士試験関連講座は、

  • 簗瀬徳宏の司法書士 新・最短合格講座2016(通信講座)
  • 司法書士 実戦答練’15(通信・通学)
  • 司法書士 書式完全マスター講座(通信・通学)

の3つです。

講座は、毎年7月に実施される司法書士試験・筆記試験に合わせてスケジュールされていますので、申し込み受付期間にご注意ください。
時期により受講できる講座が異なります。
最新情報は、このページ下のバナーをクリックして開く公式ページでご確認ください。

簗瀬徳宏の司法書士 新・最短合格講座20XXは、毎年3人に1人の割合で合格者を出している初学者向けの講座です。

講義は名古屋校の簗瀬徳宏先生の講義を録画したものが動画で配信され、「通学するには時間がない」「簗瀬先生の講義を受講したいけど,遠くて通うことができない」「時間が合わない」など,さまざまな理由で通学することができない方向けの講座です。

総合コースと基礎力養成編のみのコースがあり、DVD付のタイプや映像をダウンロードできるタイプがありますので、詳細は公式ページで確認してください。

教材は月1回送付されてきます。
講義内容に関する質問は、12回まで郵送で可能で、その他に専用質問フォームでも可能です。

サンプル動画

簗瀬徳宏の司法書士 新・最短合格講座2016  東京法経学院

司法書士 実践答練’15は、前半8回の「科目別答練」、後半8回の 「本試験予想答練」、そして全3回の「全国公開模試」の3セクションからなる実戦答練で、添削指導が中心の難易度の高い総合演習講座です。
後半は本試験の予想答練になり、本試験の予行演習となる3回の公開模試も含まれています。

既学習者を想定した内容になっており、書式完全マスター講座とのパックで受講する人も多いようです。
通信講座と、各校舎への通学講座があります。
詳細は、公式ページでご確認ください。

司法書士 書式完全マスター講座は、既学習者で、書式に苦手意識を持っている人や、基本的事項から書式の再学習を行いたいといった人などを対象にした講座です。

既学習者を想定した内容になっており、書式完全マスター講座とのパックで受講する人も多いようです。
通信講座と、東京・名古屋・大阪校舎への通学講座があります(現在福岡では開講されていません)。

総合コースと、不動産登記のみまたは商業登記のみといったコースがあり、通学/通信(ダウンロード)/通信(DVD)といった選択肢があります。
詳細は、公式ページでご確認ください。

上記講座の他、公式サイトでは「不動産法律セミナー」や「詳細登記六法」といった書籍も購入でき、無料ガイダンスや体験入学の案内もありますので覗いてみてください。